ごあいさつ

令和2年度予算編成に想う

  令和2年度の予算はさぞやパンチの効いたメリハリの有る予算編成なるかと期待しましたが、どちらかと言うと先細りする財源の中でリスクを抑えることに重きを置いた予算配分に見受けられます。勿論、それも理にかなうところがあり全否定するもではありませんが、その分市民へのアピール度は高くありません。しかしながら基金一括運用による財源確保やふるさと納税による収益の拡大、ESCO 事業による光熱費の大幅削減、赤峰広場への企業誘致に向けた取り組みの開始、女性の視点も配慮したマンホールトイレの設置、ソサエティー5に対応したGIGAスクール構想への取り組み、3世代同居近居を促す持ち家取得補助制度の拡充、温かいスープやおかず等の提供を可能にするフードジャーを活用した選択制中学校弁当給食の提供、堺アクセス道路拡幅工事に向けた地元調整、南花台団地再生事業の進展、河内長野駅東側の活性化に資する保健センター跡地利用の促進、教職員の「働き方改革」に有効な統合型校務支援システムの導入など 次への希望の種となりうる事業が含まれていることは評価しています。

  予算審議で懸案となった英語村構想においては構想と言うからにはふるさと納税等による特定財源等をしっかりつけた事業にすべきだと考えます。

  今年本市小中学校で整備される5G対応の大容量ネット環境をフルに活用する英語村事業や民間活力の育成・誘致など実効性のある持続可能な体験型英語教育の基盤創出に思い切って取り組んで欲しいと思います。

更に教育支援センター事業は退職校長が行う事業と活躍めまぐるしいメディアセンターが担う事業を明確に分けて成果を検証し、子ども教育に資する役割をフルに果たしてもらいたいと考えています。そのためには支援センターに閉じこもるのではなく日常的に各学校を回り、顔が見える形で教員研修や指導に従事していただく、加えて放課後児童クラブや放課後子ども教室など恒常的に指導員のやり繰りに苦慮している現状を考慮し、現場視点で退職校長等の長年の経験をそういう地域教育推進事業にも活かせるべきだと考えます。

  いずれにしても本市河内長野市は自治体ランキングで指摘されているように持てる力、持てる人材、持てる知恵を総動員して攻め続けないと先細りするしかない運命を持っています。今後は公民連携デスクの枠を使う手法を大きく展開させるなど積極的な攻めの姿勢で民間活力を呼込み本市が抱える課題を乗り越えるために公明党のネットワークをフルに活用してまいります。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止にための「緊急事態宣言」発令後の市民生活を守る緊急要望

市議会公明党は4月16日(木)新型コロナウイルスがもたらす難局を乗り越えるために、市行政の英知を結集し、市民と一丸となって取り組む姿勢を示す必要があると考え下記の項目を市長及び教育長に緊急要望しました。


慌てず、焦らず、気になる方は先ずは電話で連絡を!

 

世界とつながる教室

公明新聞全国版が河内長野市の遠隔交流授業を掲載

杉参議員ら視察 ネット使った交流授業

 公明党の杉ひさたけ参院議員(参院選予定候補=大阪選挙区)は先ごろ、大阪府河内長野市の市立美加の台小学校を訪れ、インターネット回線を使ったテレビ会議システムを活用し、教室と海外の国を結ぶ「遠隔交流授業」の様子を視察しました。

 同市では、2002年に市教育委員会の下部組織として教育メディアセンター(梅田昌二センター長)を設立し、希望する市内全ての小中学校で国内や海外との交流授業を行えるICT(情報通信技術)環境の整備を進めてきました。現在、年間180回ほどの交流プログラムを実施しており、これまでに交流した国は約50カ国に上ります。

 さらに、17年8月には市教委と独立行政法人国際協力機構関西国際センター(JICA関西)との間で、国際教育と開発教育の推進に向けた覚書を締結。さらなる取り組みの充実をめざしています。

 視察先の美加の台小学校では2~6年生の児童を対象に、インドネシアや台湾、セネガルなど8カ国の児童・生徒や青年海外協力隊員らと交流を深めました。

 このうち、6年2組の児童は、アフリカ南部ザンビアで青年海外協力隊員として活動する鈴木広樹さんから、現地での生活や人々の暮らしについて話を聞きました。「窓ガラスがないのが当たり前ということに最初は驚いたよ」「日本語がとってもユニークで面白いみたい」など、現地に滞在しないと分からない情報に児童たちは興味津々。最後は全員で「Natotela Saana」(ナトテラ サーナ 現地語で「ありがとうございました」)と声をそろえ、モニターの向こうの鈴木さんに手を振りました。

 案内に立った梅田センター長は、交流授業の意義について「子どもの頃から海外の人たちと交流し、相互理解を深める中で、共生社会を築く力になれば」と力説。同市での取り組みが各地にも広がるよう、公明ネットワークによる支援に期待したいと発言しました。

 杉氏は「こうして日常的に海外とつながる教育環境づくりは非常に大切だ。さらなるサポートに努めていきたい」と答えました。

 市議会公明党は今後も引き続き本市遠隔交流授業を支援してまいります。

①市営三日市住宅跡地の購入事業者決定

学識経験者や地元団体役員等で構成する『河内長野市営三日市住宅跡地の購入事業者の選考に係る審査会』において跡地購入事業者が決定し、市と契約しました。

 契約日   :平成30年11月30日   購入事業者 :株式会社 南和商会

 売却金額  :130,000,000円   

 主な提案内容:

 (1)跡地周辺地域一体の計画案

    ●診療所等併設高齢者共同住宅 1棟

    ●戸建住宅 62戸

    ●5階建て集合住宅 1棟

    ●公園・スポーツ広場 及び その他

 (2)市営住宅跡地のみの計画

    ●戸建住宅 21戸 将来の跡地周辺の整備に配慮した道路用地の確保含む

①市営三日市住宅跡地の購入事業者決定

選定事業者:清水建設(株)・(株)日本エスコン・住友商事(株)

選定日  :平成30年8月26日 

※今後上記選定事業者が調査・設計、工事、企業誘致等を一括代行します。     


令和2年4月   新型コロナウイルス感染拡大防止、緊急要望を追加
令和2年4月   トップページを更新しました。
令和2年4月   いちろう通信78号をアップしました。
令和2年4月   写真が語るいちろうネットワークを更新しました。
令和2年4月   3月議会をアップしました。
令和2年1月   トップページを更新しました。
令和2年1月   いちろう通信77号をアップしました。
令和2年1月   写真が語るいちろうネットワークを更新しました。
令和2年1月   12月議会をアップしました。
令和元年10月   トップページを更新しました。
令和元年10月   いちろう通信76号をアップしました。
令和元年10月   写真が語るいちろうネットワークを更新しました。
令和元年10月   9月議会をアップしました。
令和元年8月   トップページを更新しました。
令和元年8月  

いちろう通信75をアップしました。

令和元年8月   写真が語るいちろうネットワークを更新しました。
令和元年8月   6月議会アップしました。

【大原一郎連絡先】

  • メールアドレス:
  • i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
  • 電話番号:53-1111 内線285公明党控室
  • 自宅電話:63-7610
  • 自宅FAX:63-8345

 

大原いちろうは、皆さんにとって一番身近な議員であり続けます。気になることは 何でも遠慮なくご相談ください!

大原一郎はfacebook
情報発信しています。

大原一郎のブログページ
大原一郎のブログページ

ーーーーリンクーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

【大原一郎連絡先】

メールアドレス:

i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
電話番号:53-1111 

内線285公明党控室
自宅電話:63-7610
自宅FAX:63-8345

ーーーーーーーーーーーー